お客様プロフィール

株式会社一休は『一休.com 』のブランドで、ラグジュアリーなホテル・旅館、レストラン、スパの予約サイトを運営しています。常に「ユーザーファースト」の想いを大切にしながら、事業を通じて
「こころに贅沢」な時間を世に増やすことを目指しています。

業種・業態:サービス
ロケーション:東京都

課題

  • ネットワークの遅延など無線LAN環境の通信品質に課題
  • 既設のネットワーク機器が老朽化、ネットワーク全体の最適化が必要に
  • WANトポロジの変更など将来的な環境変化にも柔軟に対応したい

ソリューション

  • HPE GreenLake for Aruba
  • Aruba Central
  • AccessPoint
  • Aruba CX Switch
  • SD-Branch
  • Aruba ClearPass
  • User Experience Insight

効果

  • 工数を増やすことなく高品位なネットワーク環境を整備
  • サブスクリプションによりネットワーク更改のコストを平準化
  • インテグレータとは異なるスピード感のある対応でビジネス展開の加速を可能に

宿泊予約やレストラン予約事業を展開している株式会社一休では、通信品質に課題のあった社内ネットワーク環境の改善を図るべく、ネットワーク運用にかかる負担を最小限におさえながら高品質な全社ネットワーク環境の整備を実現している。そこで採用されているのが、無線LAN環境やSD-WANなど幅広いネットワークキングソリューションをサブスクリプションで利用できるNetwork as a Service(NaaS)ソリューションとしてArubaが提供している「HPE GreenLake for Aruba」だ。

無線LAN環境での品質に課題、ネットワーク全体の最適化を目指す

1998年に創業し、上質な宿やレストランなどのWeb予約を通して「こころに贅沢」な時間を創出するための事業を展開している株式会社一休。「一休.com」ブランドにて、国内の厳選されたホテルや旅館、貸別荘といったワンランク上の旅行体験が得られる宿泊施設や記念日などに最適な厳選された上質なレストラン、ホテルや旅館・リゾートの贅沢なスパなど、日常では味わえない上質な時間づくりを演出するさまざまなサービスを展開。“ユーザーファースト”というカルチャーを念頭に、事業成長を加速させるためのさまざまな施策に取り組んでいる。

そんな同社では、以前から全国の拠点に無線LAN環境を整備し、日常的な業務の基盤として活用してきたが、ネットワーク品質における課題が顕在化したと語るのは管理本部 社内情報システム部 部長 荒木 佐和子氏だ。「ネットワークの遅延や切断などが発生し、現場から改善要望が挙がっていました。前回更改時はAPを更新したものの、ネットワーク機器は既設のものを活用していたため、ネットワーク全体が最適な状態とは言えなかったのです。おりしも、テレワークなど新たな働き方への移行が進み、Web会議などリアルタイムアプリケーションの活用が広がったことで、ネットワークの遅延が業務に支障をきたす場面も出てきたのです」。そこで、通信品質の改善に向けて試行錯誤を続けてきたものの、一部のネットワーク機器がすでに保守切れを迎えているなど、改善に向けた施策が図りづらい状況が続いていた。業務基盤のクラウドサービス化が進んでいたこともあり、将来的には本社集中型のWANトポロジを変更していくことも念頭に、新たなネットワーク環境への刷新を計画することになったのだ。

ネットワーク全体を集中管理できる基盤とサブスクリプションでのコスト平準化が魅力

当初は、インテグレータにネットワーク最適化に向けた提案を依頼したという。「我々が課題と感じていた無線LANについて部分的な改善提案は確かにありましたが、ネットワーク全体を最適化するという視点が欠けており、それだけでは解決が難しい。そこで方針転換し、運用負担の軽減につなげながら、全社的に安定したネットワーク品質が確保できる環境を求めたのです」と荒木氏。

新たなネットワーク環境を整備する際には、無線LANを含めたネットワーク機器全体が集中管理でき、特別な環境整備をせずともモニタリングできるような環境づくりを希望したという。「以前の環境でもネットワーク越しに設定変更などは可能でしたが、機器の状態把握や設定の統合的な管理は難しい状況でした。拠点ごとに個別最適化されていたものの、統合的に管理できている状況とは言えなかったのです」と荒木氏。

また、これまで一部メーカー保守に加入していたが、迅速な対応が可能な体制とは言えなかった。「障害把握や変更対応などスピード感のある対応が可能な体制を望んでいましたし、内部的に技術的なノウハウを保有したいということもありました」。さらに、ネットワークの集中管理を行うためには、自前で機器を設置して運用せざるを得ないが、どうしても工数がとられてしまう。できれば自前で機器を設置せずとも、安定して運用できる環境が理想的だったという。

そこで無線LAN環境からネットワーク全体を効率的に運用できる仕組みとして…

「一般的なメーカーやインテグレータのサポートの場合、仮にサービスチケットをあげても即時対応は難しい。HPE GreenLake for Arubaなら一桁も二桁も早いスピード感で問題解決に取り組めています」

株式会社一休, 管理本部, 社内情報システム部、部長、荒木 佐和子氏

© Copyright 2022 Hewlett Packard Enterprise Development LP.